サドヶ島〜調教無法地帯[エロ漫画を無料試し読みしよう]

サドヶ島〜調教無法地帯 6話 あらすじ

「サドヶ島〜調教無法地帯 6話」のあらすじを紹介していきます。

 

サドヶ島がとてもエロくてユーモアがある作品だということが、今までのあらすじを通してわかってもらえたでしょうか?

 

これからも「サドヶ島〜調教無法地帯」の良さを皆さんに知ってもらえるように紹介していきますので、是非チェックしてみてください!

 

個人的に電子コミックでNO.1の完成度だと思っています。

 

もちろん、無料試し読みもできますので愛川あんの渾身の作品を読んでもらいたいです。

 

ただ単にエロいだけの作品ではないので、読み手を非常に満足させてくれます。

 

 

サドヶ島から少し離れたところに小島があり、そこがマゾヶ島でサドヶ島から逃走した女性たちが住んでいると慎太に教えられます。

 

かほりは「ここから逃れることができる…。」と思うのですが、慎太が「目的をもって」と言う辺りは怪しいです。

 

慎太は穏やかな顔をしてかほりを惑わします。

 

かほりは服を探すために周囲を見渡すのですが、慎太は「捨てちゃったよ。」と笑い出します。

 

かほりは怒り心頭ですが、熱心に探す辺りは人妻の顔を見せます。

 

すると、小屋の外でバックを見つけます。

 

かほりは周囲に注意を払いながらバックに向かって走り、ノブ君がここに訪問したことを確信しました。

 

しかし、中身はかほりのものではないブラジャーだけでした。

 

それでもかほりはノブ君を疑うようなことは一切せず、慎太を疑う辺りは本当に一途な女性です。

 

とりあえず、そのブラジャーを身に着けてノブ君を探します。

 

かほりはカマを武装し歩き出すのですが、女の子が襲われているのを目撃します。

 

助けようと試みるも、なぜか身体が思うように動きません…。

 

腰に引っさげているカマは光を放っていますが、全く身体を動かすことができないかほり。

 

ハラハラ、ドキドキの緊張する展開です!

 

 

6話のあらすじも読みごたえがあって楽しめそうですね!

 

この回でもエロくてセクシーなシーンがあるので必見です。

 

「サドヶ島」と「マゾヶ島」の関係性も気になるところでもあります。

 

スマホで「サドヶ島〜調教無法地帯」を無料試し読みするならこちらから!
    ↓ ↓ ↓