サドヶ島〜調教無法地帯[エロ漫画を無料試し読みしよう]

サドヶ島〜調教無法地帯 4話 あらすじ

「サドヶ島〜調教無法地帯 4話」のあらすじを紹介していきます。

 

圧倒的なエロさを誇るスマホ漫画「サドヶ島」。

 

4話ではいったいどのような展開が待ち受けているのでしょうか…。

 

早速あらすじを紹介していきます!!

 

 

男に「このようなことをして許されると思ってるの?」とかほりは強気で聞きます。

 

小さな島である「サドヶ島」なのでこのような事件はすぐ周りに広がることが予想されます。

 

しかし、男たちは笑いながら無駄だと言わんばかりです。

 

なぜ無駄なのかは説明されずに、かほりはさらに犯されてしまうのです…。

 

かほりはこのような状況でも身体は非常に正直でビンビン感じてしまいます。

 

しばらくして男たちとの行為が終了し、ノブ君が居るところにかほりは向かいつつサドヶ島について考えるのです。

 

そこにはなぜかノブ君の姿がありませんでした。

 

代わりに居たのが着物姿がとても似合う好青年です。

 

サドヶ島が危険な場所とは全く知らずに彼女と観光していたのですが、どうやらはぐれてしまったようです。

 

かほりは青年が「サドヶ島」がひどいところと言った理由を尋ねます。

 

青年はかほりに「強姦無法地帯」と客が話していたことを伝えます。

 

1話で登場した伝説を表向きに出すのを恐れた明治時代の政府は島民たちと密約を交わします。

 

その内容としては、「島の事情を他言しないのを条件に、島内で発生した強姦事件について政府は一切関与しない。」というものです。

 

島には実際に怪しい男たちが存在していますね…。

 

島民はしっかりとしたツアーを計画し、人々をサドヶ島に集めて生計を立てているのでかなりの策士です。

 

女性に怪しく思われないように、サドヶ島を人気の観光地として宣伝しています。

 

そして、かほりと青年は共に行動することになります。

 

 

4話ではミステリアスな部分が存分に出ているので「サドヶ島」をより一層楽しめると思います。

 

もちろんかほりが犯されるシーンもあるのでエロさもあって刺激的です。

 

スマホで「サドヶ島〜調教無法地帯」を無料試し読みするならこちらから!
    ↓ ↓ ↓