サドヶ島〜調教無法地帯[エロ漫画を無料試し読みしよう]

サドヶ島〜調教無法地帯 3話 あらすじ

「サドヶ島〜調教無法地帯 3話」のあらすじを紹介していきます。

 

エロさがあり、ミステリアスな部分が垣間見える「サドヶ島」を楽しんで頂けてますでしょうか?

 

ただ単にエロいだけの作品ならいくらでもありますが、それに加えてユーモアがあり作品としても完成されているので非常に人気があります。

 

無料試し読みができたりするので購入前に読んでみるのもアリだと思います。

 

 

島にいることに恐怖を感じてきたかほりは堪らずノブ君にここから出たいと告げます。

 

ノブ君は優しく、「かほりが居たくないなら帰ろうか。」と言ってくれます。

 

ノブ君は怪しい雰囲気を醸し出していましたが、かほりにとても気を遣っています。

 

かほりは本心としては旅行を通じて仲直りがしたかったのですが、旅館の人たちも不審な感じがして全く気持ちが休まりません。

 

旅館の人が送ってくれるようでしたが、それを断って船着場まで向かったところで、仮面の男たちが棍棒を持って突然現れました。

 

ノブ君はかほりを逃がすために自分が囮になったのですが、棍棒で殴られてしまいその場で崩れ落ちてしまいます。

 

ノブ君が倒されてしまい、自分で何とかするしかなくなったかほりは絶望するしかありませんでした。

 

かほりは必死になって茂みの中に隠れて身を潜めて仮面男たちをかく乱することに成功しますが、ノブ君のことが心配で頭から離れません。

 

ノブ君のところに戻ってしまえば仮面男たちに襲われてしまう…そう考えると迂闊には戻ることはできません。

 

しかし、見上げると男が二人居ます…。

 

ノブ君は小屋に居ることを伝えられ、大人しく言うことを聞けば何もせずに解放するとの事です。

 

「ノブ君を無事救うために自分が我慢すればいいだけ」とかほりは必死で堪えるのでした。

 

この状況下でもかほりは何とも言えないエロい表情を忘れません。

 

背後からズコズコと犯され、イマラチオまでされてしまいます。

 

茂みからはカメラが覗き、盗撮までされていました…。

 

 

仮面男たちが現れ、ノブ君を襲った辺りはとても迫力があり、アクション漫画かと疑ってしまう程です。

 

流石、愛川あんさんと言ったところでしょうか!

 

かほりがまたまた犯されてしまい、かなり過激でエロいストーリーになっていて時間を忘れてしまいます(笑)

 

サドヶ島で繰り広げられる様々な展開に目が離せませんね!!

 

スマホで「サドヶ島〜調教無法地帯」を無料試し読みするならこちらから!
    ↓ ↓ ↓