サドヶ島〜調教無法地帯[エロ漫画を無料試し読みしよう]

サドヶ島〜調教無法地帯 11話 あらすじ

「サドヶ島〜調教無法地帯 11話」のあらすじを紹介していきます。

 

佐渡島でなはく、「サドヶ島」を楽しんでいますでしょうか?

 

名前の由来は不明ですが、「サドヶ島」はエロ漫画には珍しくミステリアスな要素満載ですので何度も読んでいる方もそうでない方も絶対に満足できる漫画になっています。

 

あらすじの紹介も11話になり、続きを楽しみにしている人もいるのではないでょうか?

 

愛川あんの代表作である、「サドヶ島〜調教無法地帯」を堪能していただくために全力で紹介していきますので是非チェックしてみてください!!

 

スマホで話題沸騰中の愛川あん作、サドヶ島〜調教無法地帯を楽しみたい方はこちらから!
    ↓ ↓ ↓

 

 

早速、サドヶ島11話のあらすじをご覧ください!!

 

「しまった…捕まってしまう……。」と思っていたら男たちは菜奈を探していました。

 

「女将の命がないと……。」とかほりは言いますがとにかく逃げます。

 

逃げていく中で見つけたのは女性が住む家でした。

 

かほりはようやく助かったと胸をなでおろします。

 

ところが家に居たおばさんたちは慎太とデートをしに来たのだと話し込んでいました。

 

「リスクを冒して逃げ出してきたのに……。」と呟きますが、慎太と菜奈にはつながりがあったことが発覚します。

 

しかし、「女性も身体を投げ出して男を気持ちよくご奉仕してあげればよかったのに。」なんて冗談か本気かわからないような発言をするので流石に困惑してしまいます。

 

場面は変わり慎太になります。

 

慎太は昔を思い返すように過去の菜奈を浮かべます。

 

村おこしのためにここに来たと言いますが、村おこし=エッチなわけでありまして…(笑)

 

健全な村おこしとは呼べないですね…。

 

慎太と菜奈は仲良くなったのですが、慎太は無知で純朴だったので菜奈に毎晩旅館で何をしているのか聞きますが、当時若かった慎太は全く相手にしてもらえませんでした。

 

この状況下での菜奈の気持ちを考えると本当に切ないです。

 

とあるときに、エッチの現場を目撃してしまいます…。

 

慎太の筆おろしは菜奈でした。

 

慎太は「最近女性客が突然姿を消すんだけど何か知ってる?」と女将に聞かれますが、知らないそぶりを見せます。

 

何か裏がありそうでワクワクしますね!!

 

 

11話のあらすじを見て実際に読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

11話も不審な動きがあり、読者を非常に楽しませてくれますね!

 

慎太と菜奈の過去の出来事が出てきたりしたので、より一層サドヶ島の話に夢中になりますね(笑)

 

アダルトコミックといえばお色気シーンで読み手を楽しませることが多いですが、「サドヶ島〜調教無法地帯」はそれだけでなくストーリー性も追求していますので飽きさせません。

 

サドヶ島〜調教無法地帯を無料試し読みするにはこちらから!
    ↓ ↓ ↓